前髪 後退

前髪 後退 > 帽子を被るとハゲやすいって本当?それとも迷信?

帽子内環境は猛暑で話題の埼玉県熊谷市の真夏の暑さに匹敵

帽子を被っているとハゲやすいということを聞いたことがある人も多いと思います。


ファッションで帽子を被っている人もいれば、仕事上やむを得ずヘルメットや帽子を被っている人もいるでしょうね。もしかしたら、もうすでに薄毛になっていて薄毛を隠すために帽子を限っている人も多いかもしれませんね

そういった帽子やヘルメットを日常的に被っている人たちからすれば、”帽子を被るとハゲる”というのは、迷信なのか、それとも真実なのか、気になるところではあります。


そんな疑問に対して、科学的に検証している人たちがいます。

頭皮や毛髪研究の第一人者が集った「帽子内環境研究会」が、ヘルメットを被って継続的に有酸素運動を行うという実験を実施して、頭皮の汚れなど頭皮環境を測定しました。


その実験結果によると、実験当日の気温が最高19度~23度だったのに対し、ヘルメット内部は運動開始後おおよそ30分くらいで約30度に達したそうです。

また、温度上昇だけでなく、細菌も増加傾向にあり、不快指数80以上の環境となっていると指摘し、帽子内環境は、猛暑で知られる埼玉県熊谷市の夏場の平均気温や、世界各国の高温多湿・熱帯雨林地域と同等の水準であると分析しています。


『帽子を被る=ハゲ』とは言えないですが、少なくとも、帽子やヘルメットを被っていると頭皮環境にはよくないことは、この「頭皮内環境研究会」が実施した実験結果をみれば明らかですので、帽子やヘルメットを被っている人は特に頭皮を清潔にするように頭皮ケアを心掛ける必要がありますね。